東京七宝 妖怪七宝 龍馬 ピンズ ラペルピン

spo012

3,600円(税抜)

定価 3,600円(税抜)

妖怪造形家 天野行雄氏デザイン、東京都伝統工芸士 畠山 弘 作の
妖怪七宝 龍馬 ピンズ ラペルピンです。

頭が龍で体が馬の生き物で、六〇年に一度姿を現すといわれる。
その血の混じった馬を新庄藩の戸沢公が飼っていた。
この馬に乗って江戸に行った際、隅田川の橋の上で大火事に見舞われたが、
焼け落ちる橋の上から殿様と家来を乗せて飛び救い出したという逸話があります。
この七宝焼きは5色で配色し非常に凝ったデザインです。

東京七宝の歴史は平田彦四郎をその祖としています。
江戸初期、平田彦四郎(道仁)は朝鮮からの渡来人に七宝焼技術を学び
徳川幕府のお抱え七宝師として名作を残しました。
その伝統技術を継承し作り上げる職人技の作品を御堪能ください。

自分用、大切な人へのギフト・男性用プレゼントに最適。
専用のケースにいれてお届けします。

カラー: 青竹、金、青
素材: 丹銅 ガンメタ
サイズ: 38mm×18mm

国内発送
ギフトラッピング
カフスつけ方

カテゴリーから探す