東京七宝 妖怪七宝 置いてけ堀 ピンズ ラペルピン

spo010

3,600円(税抜)

定価 3,600円(税抜)

妖怪造形家 天野行雄氏デザイン、東京都伝統工芸士 畠山 弘 作の
妖怪七宝 置いてけ堀 ピンズ ラペルピンです。

本所七不思議、千住七不思議にも数えられる水辺の怪異。
魚が良く釣れる堀で釣りをしていると、「おいてけ、おいてけ」と声がする。
無視して釣った魚をそのまま持って帰ると、身動きが出来なくなり、
釣った魚を全部持って行かれてしまう。そんな幽霊です。
この作品置いてけ堀は殆んどの色に透明色を使用しています。
水の妖怪ということで透けている感じを出してみました。

東京七宝の歴史は平田彦四郎をその祖としています。
江戸初期、平田彦四郎(道仁)は朝鮮からの渡来人に七宝焼技術を学び
徳川幕府のお抱え七宝師として名作を残しました。
その伝統技術を継承し作り上げる職人技の作品を御堪能ください。

自分用、大切な人へのギフト・男性用プレゼントに最適。
専用のケースにいれてお届けします。

カラー: 水色、緑、青、灰
素材: 丹銅 ガンメタ
サイズ: 30mm×18mm

国内発送
ギフトラッピング
カフスつけ方

カテゴリーから探す