東京七宝 妖怪七宝 鬼婆 ピンズ ラペルピン

spo005

3,600円(税抜)

定価 3,600円(税抜)

妖怪造形家 天野行雄氏デザイン、東京都伝統工芸士 畠山 弘 作の
妖怪七宝 鬼婆 ピンズ ラペルピンです。

現在の浅草花川戸付近、浅茅が原には旅人を殺し金品を奪う鬼婆が住んでいた。
あるとき愛する娘を間違って殺してしまい自らの犯してきた罪の重さに気づく。
罪を悔いた鬼婆は池で入水。池も跡地には碑が建ち、いまものこっている。
この七宝焼きは配色も細かく7色も使用し職人技の光る作品です。

東京七宝の歴史は平田彦四郎をその祖としています。
江戸初期、平田彦四郎(道仁)は朝鮮からの渡来人に七宝焼技術を学び
徳川幕府のお抱え七宝師として名作を残しました。
その伝統技術を継承し作り上げる職人技の作品を御堪能ください。

自分用、大切な人へのギフト・男性用プレゼントに最適。
専用のケースにいれてお届けします。

カラー: 青、白、茶
素材: 丹銅 黒ニッケル
サイズ: 32mm×16mm

国内発送
ギフトラッピング
カフスつけ方

カテゴリーから探す